Takada Lab
Hajime TAKADA
    高田 一  Hajime TAKADA
職   名:教授
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>機械力学特論,リスクマネジメントの
        ための技術者倫理,協調工学

       <学  部>機械力学T,機械力学U,応用機械
        設計製図U

       <第二部>機械力学T
専   門:機械力学,人間工学
連絡先  :E-mail
高田研究室ホームページ
関連リンク
日本機械学会
日本地震工学会
自動車技術会
日本生活支援工学会
日本人間工学会
>
● 研究テーマと概要 ●
本研究室では,機械力学・振動工学・人間工学に関する研究を行っている.具体的には,
  • 簡易シミュレータを用いた自動車運転操作の研究 ・・・・・・ 自動車運転装置の前面にあるスクリーンに映し出されたコースに沿って走行し,ドライバーに負荷を与えて操作性を調べる.また,アクセル・ブレーキなどの操作性についても実験を行っている.これらの実験を基に,ドライバーに対する規制やガイドラインを作成する.
  • 自動車の乗り心地と疲労の評価 ・・・・・・ 長時間にわたる車の運転,乗車は疲労の原因となる振動条件を追究するとともに,乗員の心拍,呼吸,発汗量を測定し,有効指標を求める.
  • 非接触視線検出 ・・・・・・ 人が操作,運転する場合の視線を非接触で検出し,ドライバーの状態を検出するシステムの開発を行う.
  • 地震時の列車の挙動 ・・・・・・ 列車が走行中に地震が起こり,脱線すると危険である.走行中の地震時挙動を把握するために,鉄道模型を走行させ加振し,その動的挙動より走行時の脱線メカニズムを解明する.
  • 高齢者リハビリテーションに関する研究 ・・・・・・ 高齢者・障害者のリハビリ中の歩行能力を下肢運動測定装置により測定し,実際の歩行と比較することにより,歩行能力評価手法を開発する
  • 高齢者にやさしいwebに関する研究 ・・・・・・ 高齢者にとって使いやすい,目的のページに到達しやすいwebのデザイン,メニュー配置,階層等について,ユーザビリティの観点から新たに提案する.

Measurement of car driver's operation and his/her load. Measurement of gait evaluation indexes.

Measurement of train behavior at earthquake.

● 主な公表論文 ●
・三上 晃,高田 一,大谷章仁,経年劣化する三次元配管系の疲労寿命予測に関する研究,日本機械学会論文集C編,72巻714号(2006) p.347-354.
・高田 一、荒井稔博、松浦慶総、岡田緑郎、林 宗平,ドライバへの危険認知支援方法に関する研究(第1報),自動車技術会論文集 Vol.38, No.1, January,(2007)P.43-48.
・佐藤康頼、高田 一、松浦慶総、加振を受ける鉄道車両の動的挙動に関する研究、日本機械学会第16回交通・物流部門大会講演集(2007)P.371−374.
・Fumiaki Ono, Rokuro Okada,Hajime Takada and Yoshifusa Matsuura, VISUAL WARNING METHOD USING ATTENTIONAL INDUCTION BY LIGHT FLASHING, World Automotive Congress 2008 (FISITA2008), F2008-02-009 , Germany, September(2008).
・田中権太、高田 一、松浦慶総、リハビリにおける高齢者の歩行能力の定量的評価、日本人間工学会関東支部第38回大会、講演集(2008)P.135-136 (C-5-3).

In my laboratory, studies on dynamics of machinery, vibration and ergonomics have been developed. Concretely,
・Relationship between car driver's operation and load on a shaking table; a subject drives a virtual car gazing at road course on the screen in front of him/her.
・Ride comfort of the car and evaluation of the fatigue; In the car driving for the long time, it causes tiredness. We measure the heat beat, breath and so on.
・Non-contact detection of a line-of sight; a subject's line-of-sight is detected with non-contact method when he/she operates a machine or drives and possibilities of operation with a line-of-sight have been experimented for someone like a handicapped person.
・Behavior of the train at the time of the earthquake; When an earthquake is generated while a train is running, it is dangerous. We grasp the dynamic behavior of the train.
・Evaluation of a walking ability of senior citizen; We measure the lower limbs movement of a senior citizen or a handicapped person's and evaluate the walking abilities.

BACK