Sanada Lab
Kazushi SANADA
  眞田 一志  Kazushi SANADA
職   名:教授
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>システムモデリングと制御(前期),
              分布定数系モデリング(後期),
              車両設計開発工学概論
       <学  部>自動制御U,動的システムモデリング
       <第二部>自動制御U
専   門:制御工学
連絡先  :E-mail
眞田研究室ホームページ
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
 研究テーマ:制御工学

 機械装置・システムを対象とした、制御工学の研究、モデリング、シミュレーションに関する研究を実施しています。最近では、電子制御燃料噴射装置、建設機械油圧装置、自動変速機を中心としたパワートレインなどに関する実践的な研究を実施しています。

● 主な公表論文 ●
【制御に関する論文】
・ Bingzhao Gao, Hong Chen, Kazushi Sanada, Two-Degree-of-Freedom Controller Design for Clutch Slip Control of Automatic Transmission, SAE Technical Paper (2008-01-0537), 2008 World Congress, Detroit Michigan, April 14-17, 2008.
【モデリングに関する論文】
・ 眞田一志,黄 鋭,建設機械用シリンダクッションのシミュレーションモデルに関する研究,日本フルードパワーシステム学会論文集,Vol.40,No.2,2009, p.22/29.
・ 高 炳サ,眞田一志,降幡健一,大型商用車用油圧パワーステアリングのモデリングに関する研究,日本フルードパワーシステム学会論文集,第32巻第2号,2008, p.19/27.
・ 眞田一志、徳尾健一郎、前川典幸、電子制御燃料噴射弁のシミュレーションに関する研究、計測自動制御学会第7回制御部門大会、2007、61-2-4.
・ 萩庭 愛、眞田一志、DDVCを用いた船舶用燃料噴射装置のシミュレーションに関する研究、平成20年春季フルードパワーシステム講演会講演論文集、p.14/16, 2008.
【パワーアシスト椅子】
・ 真田一志, パワーアシスト椅子における仮想ばね特性に関する研究, 日本油空圧学会論文集, 第32巻第2号, 2001, pp.41/45.
【電気モータ】
・ 石上 孝,北村正司,眞田一志,EPS用モータのステータコア構造と巻線工法の考察,電気学会D部門誌,Vol.128,No.12,p.1411/1417, (2008).

SANADA Laboratory

My main research field is control and simulation of mechanical systems. Robust control theory has been applied to control of fluid power systems, for example, water-hydraulic servo systems, shift control of automatic transmission, and oil-hydraulic servo systems. The optimized finite element model of pipeline dynamics was proposed and applied to simulation of electric fuel injection systems. The model can be used with Simulink. A GUI program which calculates the model ABCD matrices has been developed by K. Sanada and it was registered by Yokohama National University. Simulation study is another research field. Examples are simulation of water-hydraulic molding press, fluid switching transmission (FST), hydro-static transmission (HST). A power assisted chair is also of my interest. The chair is provided with a pneumatic cylinder. The cylinder is installed inside the chair so that it pushes up the seat to help the user’s standing-up motion. Control and evaluation techniques have been investigated through experimental studies.

BACK