Okajima Lab
Katsunori OKAJIMA
 岡嶋 克典  Katsunori OKAJIMA
職   名:准教授
研究組織:大学院環境情報研究院
       社会環境と情報部門/情報メディア学分野
教育組織:大学院環境情報学府
       情報メディア環境学専攻/情報メディア学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>3次元画像表現,時空間画像処理,
        看護福祉工学
       <学  部>CG概論,図形科学
専   門:視覚系を中心とした脳の知覚情報処理,
       バーチャルリアリティ, 加齢福祉工学
連絡先  :E-mail
岡嶋研究室ホームページ
関連リンク
後藤研究室
● 研究テーマと概要 ●
 本研究室は、平成16年4月に開設しました。研究内容は、視覚系を中心とした脳の情報処理機構の解明・モデル化・シミュレーションと、ヒューマンファクタを考慮したバーチャルリアリティ、画像表示システム、コンピュータグラフィックス、色彩処理システム、福祉情報システムの開発です。脳を含む人間の感覚知覚系は、非常に複雑で高性能な天然の知能センシングシステムです。当研究室では、これを主に「心理物理学 (Psychophysics)」という実験手法を用いて調べています。一言で説明すると、人間系をブラックボックスと考え、物理的刺激x(視覚なら光や画像、聴覚なら音、触覚なら圧力等)を呈示して、その心理的応答yを定量的に測定し、その入出力関係y=f(x)からブラックボックスのメカニズムfを推測していくという方法です。もちろん、その推定は膨大な学際的知見(数理科学、物理学、心理学、生理学、医学、情報科学、神経科学の知見)を基に行います。また、得られた結果(アルゴリズム)をコンピュータ上に構築し、シミュレーションすることで、工学的な知能システムへの応用に関する研究も行なっています。図1は、高齢者の視覚特性を模擬するために開発した、センサ内蔵のハイブリッド型ゴーグルです。ダイナミックに変化する環境でも忠実に高齢者の見え方を体験することができるため、ユニバーサルデザインの開発ツールとして適しています。図2は、眼の水晶体の焦点特性をリアルタイムに模擬した3次元コンピュータグラフィックスの一例です。眼の疲労も少なく、単眼でも高い臨場感が得られるため、よりリアルなドライブ/フライトシミュレーターの開発が可能となります。
Fig.1 Intelligent hybrid goggle to simulate aging vision. Fig.2 3D Computer graphics simulating a focal blur.

● 主な公表論文 ●
(1) J.Hardy, P.Delahunt, K.Okajima and J.S.Werner: Senescence of Chromatic Contrast Sensitivity 1. Threshold Measurements, Journal of Optical Society of America. A, Vol.22, pp.49-59 (2005)
(2) T. Suzuki, Q. Yi, S. Sakuragawa, H. Tamura and K.Okajima;quot;Age-related Changes of Reaction Time and P300 for Low-Contrast Color Stimuli; Effects of Yellowing of the Aging Human Lens," Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science, Vol.25, pp.179-187 (2006)
(3) M.Ayama, H.Ujike, M.Funakawa, W.Iwai and K.Okajima; "Effects of Contrast and Character Size upon Legibility of Japanese Text Stimuli Presented on Visual Display Terminal," Optical Review, Vol.14, pp.48-56 (2007)
(4) 岡嶋克典、藤本新之助:「光環境の明るさ感における空間周波数分布の影響」、照明学会誌、Vol.92, pp.77-82 (2008)
(5) 原口健、岡嶋克典、鈴木敬明:「有彩色背景上に表示された有彩色文章の可読性の定量化」、映像情報メディア学会誌、Vol.63, pp.323-330 (2009)

 The Okajima Laboratory was established at Yokohama National University in April 2004. Human brain information processing with a central focus on visual processing is being studied and Virtual Reality, Imaging, Computer Graphics, Color Processing, and Welfare Information Systems in light of human factors are being developed. The human brain is the most complex system for information processing. As a result brain science is a typical interdisciplinary field involving mathematics, physics, psychology, medical, informatics and neuroscience. We are mainly interested in trying to understand the "secret" of the brain through Psychophysics as a research method. Psychophysics is a powerful tool for investigating a "black-box" such as the brain and the sensor systems of a human being. In addition, we are simulating and developing intelligent systems for human interface. Fig.1 shows a type of goggle used in simulating appearance as seen by the elderly. It has an optical sensor which simulates age-related changes of vision even in dynamic environments, which is a useful tool for promoting a Universal Design. Fig.2 shows an example of an image generated with 3D computer graphics simulating accommodation of the human eyes. It enables us to develop a real drive/flight simulator with high realistic sensations but without eye fatigue.

BACK