Morishita Lab
Shin MORISHITA
    森下 信  Shin MORISHITA
職   名:教授
研究組織:大学院環境情報研究院
       人工環境と情報部門/調和システム学分野
教育組織:大学院環境情報学府
       環境システム学専攻/システムデザインコース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>調和システム学,調和システム学演習,
        システムモデリング,システムモデリング演習

       <学  部>コンピュータ科学入門,コンピューティン
        グ演習,機械力学T,応用機械設計製図U

       <第二部>
専   門:振動工学,複雑系,インテリジェント制御,細胞力学
連絡先  :E-mail
森下研究室ホームページ
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
 本研究室ではいろいろな現象に興味を持ち,異なるテーマを統一的に捉えられるような学生を育てながら世界最先端の研究を目指すという趣旨の下で研究を進めています.研究対象の基本となるのは動的な現象であり,その現象のモデル化と制御手法について研究しています.具体的には以下のようなテーマです.
(1)機能性流体の工学的応用に関する研究:
 本研究室は電気粘性流体(ER流体)や磁気粘性流体(MR流体)を用いた新型アクチュエータの開発で国際的に高い評価を受けています.これらを用いた可変減衰ダンパを開発し,振動制御に適用しています.
(2)ニューラルネットワーク関連の研究:
 学習機能のあることが特徴であるニューラルネットワークを採用した知的な振動制御系の開発を行っています.特に自己増殖してネットワークを自動的に組む制御系である自己組織化ニューロコントローラの開発に最近は興味を持っています.
(3)音響関連の研究:
 音響関連の研究は電気工学,機械工学,建築学の境界領域にある分野です.本研究室は完全無響室を整備し,音を利用して雑音を小さくする能動騒音制御に関する研究を行っています.
(4)細胞力学に関する研究
動物細胞を「マイクロマシンの原型」として捉え,細胞の力学的特性を測定し,また細胞の力学的刺激に対する応答を実験的に検討しています.
(5)複雑系関連の研究:
 複雑系というシステムの捉え方を社会に応用するべく,セルオートマトンを用いて群衆の流れ,交通流,粒状体の流れ等の非線形現象のモデル化を行っています.社会的なインパクトの高い学際的研究です.
 本研究室では所属する学生が指導教官と相談しながら自分で研究を進め,コンピュータシミュレーションおよび実験を行う研究体制をとっています.工学的研究としての社会との繋がりを重視しながら,専門性を前面に打ち出したシステム技術者の輩出を目指しています.
Pedestrians flow at JR TAMACHI Station Multi-layered neural network controller

● 主な公表論文 ●
(1)Takafumi Onishi, Toshihiko Shiraishi and Shin Morishita : Mechanical Properties of a Cultured Osteoblast, Journal of Advanced Science, Vol.18, No.1&2 (2006)pp. 95-98
(2)白石俊彦、中谷訓之、森下 信、藤谷秀雄:MRダンパを設置した実物大建築構造模型のニューラルネットワークによる制振,構造工学論文集、vol.52(B)(2006)pp.261-266
(3)Shin Morishita and Toshihiko Shiraishi : Evaluation of Billboards besed on Pedestrican Flow in the Concourse of the Station, Cellular Automata, Lecture Note in Computer Science, Springer (2006) pp.716-719
(4)Toshihiko Shiraishi, Shin Morishita and Henri P. Gavin : Estimation of Equivalent Permeability in MR Fuid Considering Cluster Formation of Particles, Transaction of ASME, Journal of Applied Mechanics, vol.71, No.2 (2004) pp.201-207
(5)三本木嗣,渋谷隆夫,森下信:ペーパ系摩擦材を用いた湿式摩擦機構における摩擦振動,トライボロジスト,49巻,2号(2004)pp.163-172

Various kinds of dynamic phenomena are modeled, simulated and studied experimentally in Morishita Laboratory. The students are encouraged to improve themselves through discussions on their research with the supervisor. The main themes studied in the laborotory are;
(1) Electrorheological(ER) and Magnetorheological(MR) fluids: Applications to vibration control devices such as squeeze film dampers for rotor systems, suspension for piping systems, engine mounts for automobiles, and small-size mount for precision equipment.
(2) Intelligent vibration control system : Artificial neural network is applied to semi-active vibration control system for civil engineering structures.
(3) Active noise control : Self-organized artificial neural network, which is an application study of Cellular Automata, is applied to reduce the sound pressure in two and three dimensional filed.
(4) Cell dynamics (collaboration work with Orthopedic Department of Yokohama City University)
(5) Complex Systems: Cellular Automata has been applied to various engineering fields such as particle flow (i.e. accumulation of sand on a plate, traffic flow in a town, pedestrians flow in the concourse of stations, etc.), oil dispersion problems, wave propagation problems, and logistics.

BACK