Gotoh Lab
Toshiyuki GOTOH
  後藤 敏行  Toshiyuki GOTOH
職   名:教授
研究組織:環境情報研究院  
       社会環境と情報部門
教育組織:環境情報学府
       情報メディア環境学専攻
学部組織:工学部 生産工学科
担当講義:<大学院>視覚情報システム論,
        複合画像メディア統合論
       <学  部>CG概論,情報処理概論

       <第二部>
専   門:視覚情報処理,画像理解,医用画像処理
       Visual Information Processing, Scene Analysis,
       Medical Image Processing
連絡先  :E-mail
後藤研究室ホームページ
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
 後藤研究室は、環境情報1号棟の最上階にあり、医用画像処理、画像処理アルゴリズム、ヒューマンインタフェース、画像処理応用システム、ロボットビジョンなど目に見える研究に取り組んでいます。
 医用画像処理は横浜市大医学部や県立循環器呼吸器病センターと連携して研究を進めています。MRIやCTなどの3次元医用画像を有効活用するためには、組織、器官、病変ごとに領域を分割する必要があります。当研究室では肺の慢性疾患である間質性肺炎の病変の定量評価を支援するシステムの開発や、MR画像の動画像解析や肺の動きを定量的に解析するための画像処理アルゴリズムの研究を行っています。画像処理を用いた自動車の運転支援技術として、多重構造ニューラルネットワークを用いて車載カメラやセンサからの道路情報をもとに前方走行車両の種類(大型車、普通車、二輪車とその他)を開発し、個別の車種モデルを判別する車両認識手法について研究しています。さらに、使用時に特別なキャリブレーションなしに人間の視線を画像処理で自動的に検出する手法を開発し、それを利用して計算機と人間のより円滑な対話を実現するためのヒューマンインタフェースの研究を進めています。また、画像処理の応用研究として、石器の3次元形状を計測・解析するシステムなどの開発に取り組んでいます。
 一方、画像処理とは少し異なりますが、視覚障害者用の点字楽譜の自動解析や作成支援システムの研究も行っています。点字楽譜というのは、五線譜に書かれた音楽情報を6点の点の有無で表す通常の点字文字で表現する楽譜の表記法です。当研究室では、XMLに基づく五線譜記述言語であるMusicXMLから点字楽譜を自動生成する方法を開発し、研究室のホームページを通じてその機能を公開しています。

図1 研究活動の概要

● 主な公表論文 ●
(1)D. Goto, T. Gotoh, R. Minamikawa-Tachino, N. TAMURA, "A TRANSCRIPTION SYSTEM FROM MUSICXML FORMAT TO BRAILLE MUSIC NOTATION", the EURASIP Journal on Applied Signal Processing, 2007.
(2)田村直良、後藤大輔、後藤敏行、「楽譜記述言語MusicXMLからの楽譜自動点訳システム」、情報科学技術レターズ、Vol.5, pp.333-336, 2006-9. (FIT2006論文賞)
(3)鄭 明燮、後藤 敏行、塩原 守人、「道路通行画像を用いた車両モデルの多段階認識法」、電気学会論文誌E、Vol.126-E、No.8、pp.403-441, 2006-8.
(4)岩澤多恵、朝倉輝、後藤敏行他、「特発性肺繊維症の経時的定量的評価」、 臨床放射線、Vol.51、No.1、pp.78-84、2006-1.
(5)堀川忠弘、後藤敏行、大竹幸恵、植木武、「画像処理を用いた黒曜石の表面形状計測法」、情報考古学会, Vo.10, No.2, pp.9-20、2005.(論文賞)

 In Gotoh Laboratory, we are studying image processing algorithm and its application, such as 'Medical Image Processing', 'Scene Analysis', 'Human-machine Interface'. Image reconstruction is an important process to segment tissues or/and organs from three dimensional medical images which are obtained from CT(Computer Tomography) and/or MRI(Magnetic Resonance Imaging) , shown in Figure. We have developed an image segmentation algorithm for affected area of interstitial pneumonia, and a prototype system. We are also interested in motion analysis of lung fields. We have developed a lung field tracking system of time sequence MR images based on analysis of the respiratory movement, and a method for 3D reconstruction from time sequence 2D slice images. We have developed two kinds of algorithms for vehicle type recognition. An on-board sensor information interaction to recognize vehicle types using the multiple structure neural network have been developed. Recently, we have researched an integrated multiple sub-space method for vehicle model type recognition. We are also studying of a computer aided translation system to produce Braille Music Scores. We are now offering the prototype system on our Web Page to improve accessibility to music scores via the Internet.

BACK