Yu Lab
Qiang YU
      于 強  Qiang YU
職   名:准教授
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>強度設計特論,非線形構造解析
       <学  部>工業力学,材料力学U,
       応用機械設計製図TU

       <第二部>材料力学U
専   門:機械材料・材料力学
連絡先  : E-mail
于研究室ホームページ
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
 工学研究院システムのデザイン分野の材料強度分野において材料および構造物の強度信頼性評価および複雑構造システムの信頼性設計支援手法に関する教育・研究を手掛けている.基本的な研究手法は材料強度学と計算力学の2つのキーワードによって表すことができる。実験的手法に関しては従来の材料試験法、疲労強度試験法の他に最近はマイクロ構造の強度試験法・評価法,マイクロ構造用強度試験機の開発などに関する研究に力を入れている.また,構造信頼性設計とその非線形問題の最適化を行うために研究しているのは統計的最適化手法である.従って,従来の材料強度分野と言うより材料及び複雑な構造システムの強度信頼性の評価及び設計に関する基礎研究を行っている.
 研究手法の1つの特徴として,上記研究手法をより速く具体的な工学問題に適用し,その有効性を確認するため,また次の発展方向を決定するために,最も関連している産業等(自動車メーカ,電子情報機器メーカ,電子材料メーカ,他大学の医学部等)と連携して共同研究を常に行っていることをあげることができる.このように,研究室全体から見て基礎研究,工業的な応用研究,そして社会的な応用研究をバランスよく行おうとしている.下記の研究課題はその具体的な参考例である.
・複雑な構造システムにおけるマルチ領域の最適化設計手法(基礎)
・電子機器のマイクロ接合・はんだ接合の信頼性評価
・マイクロ構造の信頼性評価試験機の開発(基礎)
・自動車衝突時の乗員安全性評価とロバスト・最適設計(応用)
・自動車同士衝突の安全設計における車体構造の最適化(応用)
・ナノ・インデンターを用いた電子機器の無鉛マイクロ接合構造の信頼性評価(応用)
・携帯電話等のマイクロ接合部の耐落下衝撃信頼性に関する評価手法(応用)
・CAP (Computer Aided Principle) に関する研究
・光学分析法によるマイクロ構造のひずみと信頼性計測に関する研究
Optimization analysis of car-to-car collision problem

● 主な公表論文 ●
(1)Zatek,M.,Yu,Q.,Iwai,N. and Araki,T., Bonnet design with respect to pedestrian safety, Enfineering Mechanics, Vol.13, No.6, 467-478, 2006.
(2)澁谷忠弘,于強,藤澤良知,鶴見和則,小柏俊典,宮入正幸, サブミクロン金粒子低温焼結マイクロ接合構造の機械的疲労信頼性評価, エレクトロニクス実装学会誌, Vol.9, No.6, 465-471, 2006.
(3)Yu,Q.,Jin,J.C.,Kim,D.S. and Shiratori,M., Fatigue reliability evaluation for Sn-Zn-Bi and Sn-Zn lead free solder joints, Materials Transactions, Vol.46, No.11, 2316-2321, 2005.
(4)于強,白鳥正樹, 実装信頼性評価・設計におけるシミュレーション技術とその応用, 電子情報通信学会論文誌C, Vol.J88-C, No.11, 851-858, 2005.
(5)影山雄介,于強, 階層的クラスタリングに基づく応答曲面法, 日本機械学会論文集(A編), 第70巻, 第695号, 953-961, 2004.

The research fields are Material Mechanics and Computational Mechanics. The research topics are about multidisciplinary optimization design methods using Response Surface Approach and reliability assessment and design of micro-structure. This laboratory has developed several new methods for the problem of collaborative optimization, such as mode-control approach, robust design approach and multi-level approach. These approaches have been satisfactorily applied to the optimization problems of vehicle collision designs.

BACK