Maekawa Lab
Takashi MAEKAWA
 前川 卓  Takashi MAEKAWA
職   名:教授
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>設計統合CAD,形状処理特論
       <学  部>機構学,機械設計I,
       応用機械設計製図II

       <第二部>機械設計I
専   門:計算機支援設計・製造,三次元形状処理
連絡先  :E-mail
前川研究室ホームページ
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
本研究室は、計算機支援による製品の設計(CAD)、解析(CAE)、生産(CAM)そして検査(CAI)など「デジタルエンジニアリング」で総称される技術を研究テーマとしている。1960年代に研究が始まったCAD は, ソリッドモデルを基盤として,各種設計ツール、NCデータ作成ツール、解析ツール, 検査ツール等、設計から生産まで統合化された統合設計生産システムとして産業界に浸透していった。しかし使い易さ、頑丈さ(robustness)、工程間のデータ互換性、複雑な形状や位相を有する3次元モデルの生成、データの不正コピーの防止策等の点でまだ多くの問題点を抱えている。本研究室では、これ らの問題点を踏まえ以下の研究を行っている。
(1) ハイライト線を媒介とした意匠曲面の自動修正
(2) 細分割曲面によって定義された曲面の形状処理
(3) 複数画像からの三次元モデルの再構築
(4) 点群からB-spline曲面を再構築するリバース・エンジニアリング
(5) B-spline曲線による無人車両の走行経路の生成
(6) マーカーレス・モーション・キャプチャの研究
Gauss curvature distribution of Catmull-Clark subdivision surfaces. (VW model is courtesy of the Stanford University Computer Graphics Laboratory.)
Curve approximation by geometric algorithms.
Surface fairing via circular highlight lines

● 主な公表論文 ●
(1) D. Hirano, Y. Funayama and T. Maekawa “3D Shape Reconstruction from 2D Images”, Computer-Aided Design and Applications, 6 (1-4), To appear, 2009.

(2) S. Gofuku, S. Tamura, and T. Maekawa. “Point-Tangent/Point-Normal B-spline Curve Interpolation by Geometric Algorithms” Computer-Aided Design, 41, To appear 2009.

(3) M. Reuter, T. Mikkelsen, E. Sherbrooke, T. Maekawa, N. Patrikalakis, “Computation of the Solutions of Nonlinear Polynomial Systems in the Barycentric Bernstein Basis”, The Visual Computer 24(3), pages 187-200, 2008.

(4) T. Maekawa, Y. Matsumoto and K. Namiki, "Interpolation by Geometric Algorithm", Computer-Aided Design, 39(4), pages 313-323, 2007.

(5) Y. Nishiyama, Y. Nishimura, T. Sasaki, and T. Maekawa “Surface Fairing Using Circular Highlight Lines”, Computer-Aided Design and Applications, 4 (1-4), pages 405-414, 2007.


● 著書 ●

N. M. Patrikalakis and T. Maekawa, “ Shape Interrogation for Computer Aided Design and Manufacturing”,Springer Verlag (2002).


Our primary research interests are in CAD/CAM/CAE/CAT, including geometric modeling, shape interrogation, computational geometry, shape matching, reverse engineering, motion capture, machining automation, layered manufacturing, and line heating automation. The current research topics as of April 2009 are:
1) Automatic smoothing of aesthetic shapes via highlight lines.
2) Geometric modeling and processing of subdivision surfaces.
3) 3D shape reconstruction from 2D images.
4) B-spline surface reconstruction from cloud of points.
5) Path planning for autonomous vehicle using B-spline curves
6) Markerless motion capture

BACK