Yakou Lab
Takao YAKOU
   八高 隆雄  Takao YAKOU
職   名:教授
研究組織:大学院工学研究院
       機能の創生部門/固体の機能分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/材料設計工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>設計のための工業材料学,
       設計材料工学

       <学  部>材料力学T,鉄鋼材料,金属組織学
       <第二部>
専   門:生産設計材料工学
連絡先  :E-mail
八高研究室ホームページ
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●

 材料の強度特性を改善して極限状態での機械部品として使用できる可能性を探るとともに、機械設計の条件に合わせてより精度良く,より少ないエネルギーで目的の形状に加工するための研究を続けている.材料の特性を改善するためには材料内部への分散強化や表面被覆および結晶粒の微細化による特性の改善を進めている.後者に対しては加工のための工具と材料中の硬質物体との接触の問題を調べている.また,物質材料機構の耐熱鋼グループおよび神奈川県産業技術センター材料工学部との共同研究が行われている.
 参考までに、過去の卒業研究で取り上げた内容:Ti-Al系金属間化合物の組織と被削性の関係、鉛フリーA2011焼結材の被削性に及ぼすSi粒子分散の影響、構造軽量化のための6000系Al合金の被加工性に及ぼすSiおよびMg2Si含有率の影響、Al合金の切削加工時の工具凝着と被削性の関連、高剛性2次元切削装置の開発と第3元素添加FeAlの被削性評価、感性計測の基づく機械設計、形状記憶合金を利用した把持ロボットの作製、Al合金中の微細分散物の形態がミクロ加工におよぼす影響、高温箔アルミナイジング法によるステンレス鋼の特性改善、ニッケルおよび銅薄膜を利用した実装用マイクロ接点バネの開発、金属間接触部における凝着と導電性の改善、金型の熱衝撃性、溶損性の評価と改善

Al合金切削時の刃先近傍の材料流れ



開発したさわり心地の良い材料



高温箔アルミニウム拡散法で形成された高靱性被膜層



● 主な公表論文 ●
(1)T.Sasaki, T. Yakou: Machinability of Intermetallic Compound Fe3Al, Proceedings of The Third International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century(LEM21),Nagoya,Vol.3 (2005), 1075−1079.
(2)T.Sasaki, T.Yakou,M.Umemoto, Y.Todaka:Two-body abrasive wear property of bulk cementite,Wear Vol.260, (2006),1090-1095.
(3)T.Sasaki, T. Yakou:Feature of intermetallic compound on aluminized steels,Surface and Coating Technology,Vol.206, (2006), 2131-2139.
(4)T.Sasaki, T. Yakou: Machinability of Intermetallic Compound Fe3Al from viewpoint of tool wear, JSME Int. C49, (2006), 334-339.
(5)神谷昌嗣,八高隆雄:アルミニウム合金の切りくず折断性向上に及ぼす第二相粒子の影響,軽金属 第56巻 第12号(2006),699-704.
(6)神谷昌嗣,佐々木朋裕,八高隆雄,長妻慶樹:Al-Si二元合金鋳造材の旋削被削性に及ぼすSi含有量の影響,軽金属 印刷中.


The field of study is divided mainly into three categories: the design of high performance structural materials, the improvement of precision machining, and the development of man-machine interface materials. The specific research programs at present are given below.
(i) Improvement of mechanical properties of metals and alloys by controlling microstructure:
  Microstructures formed by several thermomechanical processes and their effects on the mechanical properties are studies mainly on iron-aluminum intermetallic compounds.
(ii) Improvement of precision machining for dispersion strengthened alloys:
  The optimal machining condition is discussed from a viewpoint of a relation of the morphology of particle dispersion in the nature of created surface and the chip breaking.
(iii)Development of man-machine interface materials:
  Materials that connect man and machine smoothly are required. The feeling of some alloys has been evaluated from the sensitivity of human, and the practical application of such alloys to some machine has been tested.

BACK