ITOW Lab
Koichiro ITOW
伊藤 光一郎  Koichiro ITOW
職   名:講師
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>
       <学  部>機械工学と社会とのかかわり合い,
        応用機械設計・製図T,応用機械設計製図U,
        生産機械工学実験T

       <第二部>生産工学実験T

専   門:内燃機関工学
連絡先  :E-mail
● 研究テーマと概要 ●
 ディーゼルエンジンの環境対応を主として研究している。
 ディーゼル燃料として、植物油の利用やアルコールの利用、又、軽油と植物油のブレンド燃料や、アルコールと軽油のブレンド燃料のブレンド技術や燃焼特性と対応技術を研究してきた。
 また、100%アルコールをディーゼルエンジンに使える技術としてスパークアシストディーゼルエンジンを開発し、世界最大規模のフリーとテスト(400台)に供した。
 熱効率を改善し、CO2排出を減らす手段として、コージェネレーションの研究開発も行い、排ガス熱交換器を内蔵したパッケージ型のコージェネレーションを開発し、ガソリンスタンド、小規模ホテル、ショッピングセンター等への普及に貢献した。
 近年の厳しい排ガス規制をクリアする技術として、ディーゼル用排ガス後処理装置の研究を行っている。
● 主な公表論文 ●
1.スパークアシストディーゼルエンジン,伊藤光一郎(コマツ)、 機械学会誌, Vol.87, No.793, P88-91, 1984年
2.スパークアシスト方式によるアルコール燃焼ディーゼルエンジン,伊藤光一郎(コマツ), 内燃機関,vol.23,No.301, P11-18, 1984年
3.Low Carbon Flower Buildup, Low Smoke, and Efficient Diesel Operation with Vegetable Oils by Conversion to Mono-Esters and Blending with Diesel Oil or Alcohols, Tadashi Murayama, Young-taig Oh, Noboru Miyamoto, and Takemi Chikahisa (Hokkaido Univ.), Nobukazu Takagi(Diesel Kiki), Koichiro Itow(Komatsu Ltd.) SAE Transaction Vol.93 P5.292-5.302,841161,1984年
4.ディーゼル機関の定常および加速運転時におけるアルコールブレンド燃料での性能と燃焼特性, 宮本登(北大),近久武美(北大),村山正(北大),高木伸和(ヂーゼル機器),伊藤光一郎(コマツ),機械学会論文集B編Vol.52,No.476,P1565-1572,1986年
5.メタノール分解ガスと軽油の二燃料ディーゼル機関, 是松孝治(工学院大), 雑賀 高(工学院大), 伊藤光一郎(コマツ),機械学会論文集B編Vol.53,No.492,P2642-2647, 1987年
6.ディーゼル機関における重質燃料加熱の効果, 呉 永澤(北大),城戸章宏(北大),近久武美(北大),宮本 登(北大),村山 正(北大),伊藤光一郎(コマツ),自技会論文集No.35 P21-28,1987年

BACK