logo
Akira YANAGIDA
 柳田 明  Akira YANAGIDA
職   名:特別研究教員
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>
       <学  部>生産機械工学実験T,
        創造性機械工学実験
       <第二部>生産工学実験I,II
専   門:材料加工学,材質予測
連絡先  :E-mail
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
 金属材料への品質要求として、最終組み立て製品の高機能化や、組立時の(高精度、低部品数)コストダウンに寄与することが期待されている。これに応えるには、形状、寸法のみならず、素材の材料特性の創製が重要な課題となっている。鋼などの金属材料は塑性加工と熱処理の組み合わせにより、形状だけでなく、その材料特性が大きく変化する。加工熱処理後の材料特性を予測するためには、塑性変形による変形履歴、例えば、塑性ひずみ・ひずみ速度・温度などの「マクロスケール」な情報を知る必要があり、その結果を変形履歴に基づく内部組織変化モデル(ミクロスケール)へ結びつける必要がある。よって私の研究では、高速多段圧縮試験から得られたデータを基に、温度-磁場-変形連成FEM解析による逆解析を行うことにより不均一変形の影響を取り除いた変形履歴を求めることができる。低温・強加工後の加速冷却後のフェライト粒径を測定し、古典的核生成理論に基づく粒内フェライト変態モデルの材料係数を決定することにより、変形加工のような「マクロスケール」と内部組織変化のような「ミクロスケール」の関係から加工熱処理後の材質変化を求めることを可能としている。また、加工熱処理を同時に行う、新たな加工プロセスの開発を行っている。
Distribution of average ferrite grain size and ferrite transformation fraction

● 主な公表論文 ●
(1)A. Yanagida, J. Liu and J. Yanagimoto : “Flow Curve Determination for the Metal under Dynamic Recrystallization using Inverse Analysis”, Materials Transactions, 44-11(2003), 2303-2310.
(2)A. Yanagida and J. Yanagimoto: “Novel Approach to Determine Kinetics for Dynamic Recrystallization by using Flow Curve”: Journal of Materials Processing Technology, 151 (2004), 33-38.
(3)A. Yanagida and J. Yanagimoto: “Regression Method to Determine the Generalized Description of Flow Curve of Steel under Dynamic Recrystallization”, ISIJ Int. 45-6(2005)858-866.




BACK