logo
Shingo OZAKI
 尾崎 伸吾  Shingo OZAKI
職   名:助教
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>セル構造体の力学
       <学  部>生産機械工学実験T,機械要素設計I
       <第二部>生産工学実験T
専   門:弾塑性論,材料力学,機械数理
連絡先  :E-mail
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
本研究室では,以下のような機械・構造物の強度評価や安定性に関する研究を行っています.

(1) 動的接触不安定現象の有限要素解析手法の開発 工学上の具体的問題において,摺動面におけるすべり摩擦運動の最適化とシステムの強度特性を同時に考慮し得る設計ツールの開発,ひいてはロバスト設計を可能とする理論体系の構築は重要な課題です.本テーマでは,任意の形状を有するゴム,金属および粒状体を対象に,不安定摩擦振動と有限自由度の変形のカップリング効果を考慮した動的接触境界値問題に関する解析手法の開発を目的としています.
キーワード:有限要素法,接触力学,時間依存性,摩擦モデル,スティックスリップ,安定/不安定
(2) 概念設計に使用できる薄板部材の崩壊強度解析ツールの開発 ものづくりの現場において,CAEが開発過程のあらゆる段階で用いられていますが,設計者の創造的な活動を支援するというその本来の目的は必ずしも反映されていません.したがって,数値解析技術の高度化や深化に関わる従来の研究とは異なり,設計者の視点に立った新たな枠組みの解析技術を考える必要があります.そこで本テーマでは,複合荷重下での薄板部材の崩壊現象を対象に,概念設計の段階で容易に利用できる評価ツールの開発を目的としています.
キーワード:座屈,崩壊,有効幅,塑性,一般化梁理論(GBT)

● 主な公表論文 ●
(1) Chen, D.H. and Ozaki, S., 2009. Circumferential strain concentration in axial crushing of cylindrical and square tubes with corrugated surfaces, Thin-Walled Structures 47;5:547-554.
(2) Chen, D.H. and Ozaki, S., 2009. Stress concentration due to defects in a honeycomb structure, Composite Structures 89;1:52-59.
(3) Ozaki, S., et al., 2008. Analysis of stick-slip motion by the rate-dependent friction model. Advanced Materials Research 33:867-874.
(4) Hashiguchi, K. and Ozaki, S., 2008. Constitutive equation for friction with transition from static to kinetic friction and recovery of static friction. International Journal of Plasticity 24:2102-2124.
(5) Ozaki, S., et al., 2007. Finite element analysis of particle assembly-water coupled frictional contact problem. Computer Modeling in Engineering & Sciences 18;2: 101-120.

 The current research targets of our laboratory are as follows:

(1) It is important to clarify the friction-induced vibration for every engineering fields and wide length scale. Moreover, it is of interest to study coupling effects with the non-linear deformation, the frictional sliding, and the geometric properties of contact bodies. In order to solve the above-mentioned contact boundary value problems, the finite element programming is implemented by incorporating the time-dependent friction theory.
 Keywords: FEM,Contact mechanics, Time-dependency,Friction model,Stick-slip,Finite-degree of freedom,Stability and bifurcation.
(2) It is becoming ever more important to develop methods for evaluating the collapse load of thin-walled members in the conceptual designing phase. In this study, we attempt to propose an approximate prediction of the collapse load based on the buckling theory, the generalized beam theory, and the effective width concept.
 Keywords: Buckling,Collapse,Effective width,Shear lag,Generalized beam theory.

BACK