logo
Tadafumi DAITOKU
 大徳 忠史  Tadafumi DAITOKU
職   名:特別研究教員
研究組織:大学院工学研究院
       システムの創生部門/システムのデザイン分野
教育組織:大学院工学府
       システム統合工学専攻/機械システム工学コース
学部組織:工学部生産工学科
担当講義:<大学院>
       <学  部>生産機械工学実験T,
        創造性機械工学実験
       <第二部>生産工学実験T,U
専   門:熱工学,伝熱工学
連絡先  :E-mail
関連リンク
● 研究テーマと概要 ●
 近年の日本では冷房用途により夏季の昼間のピーク電力が著しく増大しています.ピーク電力の負荷を低減させる技術として注目されているのが蓄熱技術です.物質が相変化する際に熱を吸収・放出する現象を利用する相変化潜熱蓄熱は,凝固点,融点または沸点のように一定の温度を維持でき,また,単位体積あたりの蓄熱量が,物質の熱容量と温度変化を利用する顕熱蓄熱と比較して大きいという利点があります.
 私は,所属する研究室で,固−液間の相変化における潜熱蓄熱を対象とした研究を行っています.一般的に,冷却壁面へ生成した固相は固相自身が熱抵抗層となり,固相の成長が進行するに伴い伝熱性能が低下するため伝熱面へ付着しないことが理想ですが,伝熱面上に固相が付着した後は速やかに付着固相を液中へと離脱させる必要があると考えます.現在は,冷房用途の潜熱蓄熱材として,凝固点がその濃度により約5℃〜12℃と空調システムで利用する温度領域に適しており,また,流動性のあるスラリーを形成する包接水和物の冷却壁面への固相生成,付着および剥離特性について研究しています.

● 主な公表論文 ●

(1)大徳忠史,宇高義郎:水和物スラリー生成のための固体面付着固相の剥離特性(第二報:水溶液濃度の影響),日本機械学会論文集B編, Vol.74, No.745 (2008), pp.2020-2027
(2)大徳忠史,宇高義郎:水和物スラリー生成のための固体面付着固相の剥離特性(スクレイパー形状の影響),日本機械学会論文集B編, Vol.73, No.726 (2007), pp.594-600
(3)大徳忠史,宇高義郎:水和物スラリー生成のための付着固相の固体面からの剥離特性,日本冷凍空調学会論文集,Vol.23, No.4 (2006), pp.509-517
(4)T.Daitoku, and Y.Utaka, “An effect of scraper shapes on detachment of solid adhered to cooling surface for formation of clathrate hydrate slurry”, Heat Transfer- Asian Research (HTAR), Vol.36, No.8 (2007), pp.489-500
(5)T.Daitoku, and Y.Utaka, “An effect of scraper shapes on detachment of solid adhered to cooling surface for formation of clathrate hydrate slurry in harvest type cold storage system”, Fifth Baltic Heat Transfer Conference 2007, 3.35 (2007)


BACK